運動すると睡眠の質が上がるのはなぜ?

朝起きたときスッキリしていますか?
睡眠と運動の関係について知っていきましょう!

睡眠ホルモン「メラトニン」

睡眠ホルモン別名「メラトニン」
メラトニンが正しく分泌されることで
・体内時計が調整される
・夜間に自然な眠りを促す
このような身体の反応が起こります。
ではこのメラトニンを分泌させるにはどうすればいいのでしょうか?

運動をした日は眠れる

メラトニンの材料になるのが「セロトニン」というホルモンです。
・リズミカルな運動
・日光を浴びる
・炭水化物を摂取する
これらの行動をするとセロトニンが分泌されます。

運動をするほど疲れが取れる

良い睡眠のためには運動が必要です。
運動をすると疲れそう…と考えてしまいがちですが、運動による適度な疲労とホルモン分泌で良質な睡眠を取ることができるようになります。
ガツガツしたトレーニングが必要というわけではありません。
スクワットなどの簡単な運動やウォーキングで十分です!

関連記事

  1. 猫背にならないために必要なこと

  2. 【必見】座りながら腰痛予防!ストレッチ紹介

  3. 良い姿勢ってどんな姿勢?

  4. ストレッチポールの正しい使い方

  5. 運動は何歳まで必要?

  6. 呼吸が変わると肩こりが改善する?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA